アカウント

[会員特典]

レコードクリーナー
和三品 WASANBON

この度、化粧筆で有名な広島 熊野の地で筆を作っておられる「株式会社華祥苑」様とコラボレーションした‘レコードクリーナー’を発売いたします。
「きめの細かい女性の肌」に使用される熊野のブラシなら「細かいレコード盤の溝」のケアにピッタリだ、と思い商品化に至りました。

和三品 WASANBON

商品名の由来

『和三盆』とは、四国東部で伝統的に生産されている細やかな粒子と口溶けの良さが特徴的な砂糖の一種です。三盆の名は「盆の上で砂糖を三度「研く」という日本で工夫された独自の製糖工程から来たもので、高級砂糖の意味です。見た目、色合い、日本的、三度「研く」と三度「拭く」という意味からも、また「高級」という意味からも商品名を「和三品」といたしました。「和三盆」という文字では、砂糖になりますので「盆」の一字だけを「品」と変え、読み方は同じにいたしました。

  • 品名: レコードクリーナー 和三品
  • 製品CODE: A100700
  • 除電効果: 静電気約75%除去
  • 価格: ¥10,800(税込)
買い物カゴに入れる

新しい形式で今までの既成概念を打ち破る、機能だけではなくインテリア性を追求した、「手間を掛ける」クリーニングを提案します。
レコードをお聴きになる頻度に応じて、3種類のブラシの組み合わせをお楽しみいただけます。今までにない、より効果的で洗練されたクリーニングを心ゆくまでお試しください。

ご使用方法

和三品 WASANBON
  1. ① ストレートブラシ(もも色)
    レコード盤の汚れを払うように,内側から外側へ円を描きながらご使用ください。
    ※大きなゴミや汚れを取り除きます。
  2. ② 先割れブラシ(だいだい色)
    レコード盤の溝に沿うように、ゆっくりと内側から外側へ円を描きながらご使用ください。
    ※音溝に入り込んだ小さなゴミや汚れを取り除きます。
  3. ③ 除電ブラシ(きみどり色)
    レコード盤に対し円を描きながら、優しくなでるようにご使用ください。
    ※除電され、ほこりやゴミが付着しにくくなります。

お持ちのレコード盤の状態により、クリーニングのステップを使い分けてください。
例えば、久しぶりに聴くレコードの場合はの順に、定期的に聴いているレコードであればだけ(ステップはなし)など、使い分けてください。

株式会社華祥苑 池上氏インタビュー

株式会社華祥苑 池上氏
今回の企画を初めて聞かれた時の感想を教えてください。
筆製造業屋として“習字の筆”、“絵の具の筆”、“化粧筆”この3つを主に取り扱ってまいりました。筆(毛)を使ったものであれば、この3つにこだわる必要はないのだと感じました。また、今までとは違う業界、分野なので非常にワクワクしております。
今回の企画に対して苦労されたことは?
苦労ということは感じていませんが、あえて1つあげるとすれば、今までの筆の形とは別の種類であることです。「筆の形とはこうである」という既成概念が自分の頭の中にあるため、本当にこれでいいのだろうか…自問自答しておりました。今までの筆と比べて用途が違い過ぎるので…。
今までの筆は“塗ったり”、“書いたり”するもので、今回の『和三品』は汚れを“取る”という点では全く異質なものですね。毛先
今回の企画に対しての「こだわり」があれば、お教えください。
筆ではあまり使用しない毛を今回の使用目的に合わせて使うことに“こだわり”を持ちました。「先割れブラシ」には豚の毛を模した毛を採用しました。筆の業界では、油絵用の代替品として開発されたものです。素材そのものは良かったのですが、毛先が割れていて細か過ぎて、油絵用には少し不向きと敬遠されていました。しかし逆に毛先が細く割れている事でレコードの”溝”に入り込み易く、細かなゴミ等を取り除くには最適です。
今まだあまり世の中で使われていないのですか?
そうですね。ヨーロッパで魚獲り用の網に使われている以外では使われていない毛です。素材は良いものの、筆として日の目を見なかったのですが、今回こういう形で世の中に出すことが出来て大変嬉しいです。
最後に今回の企画に携わられて一言お願いします。
筆屋からすれば今まで想像もしなかった大変なビジネスです。この商品が世界に広まってくれれば、非常に楽しいと感じます。
絵の具の筆は趣味の道具です。化粧筆は趣味とは言えませんが、人を綺麗にするための道具です。この商品はレコードを聴く、音楽を聴くという趣味、楽しむ為のものと同様に、これらの筆を使うこと自体を楽しんでもらいたいです。
使って楽しい、使った後に聴くレコードも楽しいということですね。
先代の言葉で、忘れないようにしていることがあります。
「筆というものは主役になってはいけない。主役はあくまで絵の具であり、化粧品である。筆は常に脇役でいることか大切である。これを守っていると、その筆は成功する。」
名脇役になるということですね。
そうです。この商品でいえば、主役はあくまでレコード。レコードをよりいい音で聴く為の脇役としてご使用いただければ幸いです。ありがとうございました。